島田漢方薬局

運動器疾患の治験例

 

                                   足・膝の部位手・腕の部位腰の部位

治療の効果に戻る

                              ○足、膝の部位

                                    1. 78歳 女性 右膝の横側

                                        2週間前から、右膝の内横側のところが痛みがあり、足を動かすと、その延
                                       長線上内側のすじが痛む、歩くと当然痛む、痛くても歩ける。
                                       思いたるふしはありませんかと、尋ねたが、心当たりはないと。
                                       その他の症状を聞くと、膝が痛み出してから 小便の出がチョロチョロとして
                                       非常に悪くすっきりしないと、気になっていた。ほかに、おかしいところはあ
                                       りませんと。
                                       今の時期は4月で、4日目ごとに雨が降る季節であることを考慮にいれて、
                                       投薬する。

                                       30日分にてすっかり治った。

 

                                    2. 42歳 男性 膝関節の腫れ

                                       右膝の関節が腫れて、痛み、動かすに大儀である。
                                       押さえるとぶよぶよしている。以前に水を抜いてもらったと。
                                       左膝も少し腫れているが、右ほどではない。
                                       中肉、中背で顔は少しむくんでいるようである。最近は汗かきになったと言う。
                                       大便は1日1回、小便は1日2〜3回、食欲あり、なんとなく体がさむい感じがすると。
                                       14日分投薬する。

                                       良くなる。

    

 

                                    3. 65歳 女性 ふくらはぎの引きつり

                                       身長160cm、体重45kg、顔色青白い、食欲あり、常に胃腸の調子の悪い
                                       方である。大便は1日1回少し軟らか、小便は1日6〜7回、夜は2回。
                                       汗はかきにくい、就眠中にふくらはぎのケイレンを最近は7日間ぐらい続いている。
                                       投薬する。

                                       1日分服用して、つぎの夜にはケイレンは起きなかったと。効果あり。

  

 

                                    4. 70歳 女性 左足膝裏の違和感正座が出来ない

                                       1ヶ月前に、孫が風邪を引いていて咳き込んでいた。突然として、大椎、両肩
                                       の部位に痛みと違和感が走つてそこが重く痛み出した、そうと思ったすぐに
                                       ピリ電流が走るように神経がピリっとした瞬間に左の膝裏に違和感が起こった。
                                       すぐに市販されているパブロン(これには神経痛に効くとかいてあるので)を
                                       服用したところ、大椎と両肩の部位の違和感はとれたが、左膝の裏側の違和
                                       感、腫れはない、正座が出来ない、うまく歩けないが残った。いろいろと治療
                                       したがよくならないので漢方薬にて何とかならないだろうかと来局する。
                                       その他の自覚症状は、汗かき、足の冷えなし、大便小便は変わらないと言う、
                                       だだ思うにこの方はやはり水分をいつもより多く2ヶ月前から1.5リットル/日
                                       飲んでいると言う。

                                       28日分投薬する。

                                       完治する。

 

ページのトップ

 

                              ○手、腕の部位

                                    1. 59歳 女性 右手首から肘までの痛み
                                       1ヶ月前から娘の結婚のために、いろいろと動き働きまわっている。
                                      そのため、疲れが見え始めたところ、転んで、顔をぶつけないようにと 右手
                                      にて防いだ。右手は少しの痛みはあったが、忘れていた。最近右手首から肘
                                      まで、痛むようになった。
                                      顔付は少しむくみ気味で張りがなく、ぼーっとして、なんとなく体に水気を含ん
                                      でいる状態である。
                                      涙も最近は多く、鼻水も多く出ると、大便は正常、小便は非常に回数、
                                      量が多 いがどうしてでしょうかと言う。
                                      いろいろと尋ねたところ、原因は日頃は動き回らないひとで、1ヶ月前から動き
                                      回り、疲れ、風呂に入っても汗もかけずにいたと、また、いつもより動き回るた
                                      めに、水分を少し多めにとったと。
                                      そのため、この4月という季節のため、雨が多く、また寒さのぶり返しなどあり。
                                      水分代謝障害起こし、寒くなるとき、雨の降り出すまえには、よけいに痛みだす
                                      ようである。
                                      漢方で言う。水毒を起こしているために筋を痛めたところがいつまでも治らない
                                      と思い。
                                      投薬する。

                                      飲み終わって、来局する。顔を見た瞬間治ったなと思った。
                                      すべて、良くなりましたと。

ページのトップ

 

                              ○腰の部位

                                    1. 62歳 女性 腰から踵に向かって痛む

                                      身長163cm、体重55kg、顔色は少し黒い、3年ぐらい前から腰がいたくなり
                                      だんだんと、脚のほうに下がっていき、いまでは少し痛みとしびれがある。
                                      歩行は困難を極め、歩き方はチョコチョコしてふらっきながら、また足をひきずる
                                      状態で歩いている。
                                      体が非常に疲れてしかたがない。
                                      汗かきではない、大便は1日1回、小便は1日4〜5回で出が悪い。
                                      下腹がなんとなく張っていて、苦しいと言う。
                                      口の渇きあり、足の裏がほてる。
                                      投薬する。
                                      都合、4ヶ月ほど服用する。治癒。
     

    

ページのトップ

 

治療の効果に戻る


copyright (C) 2005 島田漢方薬局 Alll rights reserved.