島田漢方薬局

眼科疾患の治験例

 

                                       目の周りシビレ目の充血目が疲れる

治療の効果に戻る

                             ○目の周りシビレ

                                 1. 43歳 女性  右目眉のシビレ

                                     6月中旬に右目眉を中心にして上部にわたり、額がはじめにシビレ
                                     ているような、痛むような違和感を感じる。
                                     この感じは皮膚の表面である。いろいろの治療を試みたが効果がない。
                                     精神的にもイライラしてくるようになった。
                                      来店して言うに、
                                     4、5日前から顔の右半部まで広がり、鼻の中、咽の痛みまで出てきた。
                                     日ごろ、水分は摂らない方、小便3から4回である、首から上に汗をかく、
                                     大便変化なし。
                                     6月初旬からテニスをはじめたことが、今までと変わったことと、言う。
                                     投薬する。

                                     完治する。

 

                                 2. 65歳 男性  左目の上部のシビレ

                                     8年ほど続いている。いろいろと治療を試みたが。
                                     左目の上部から左耳の上部に向かって目全体が引っ張られる、また、ピク
                                     ピクといやな感じである。
                                     この部位を左手のひらで押さえて少し楽にしょうとすると右の手がシビレて
                                     くる。その他の症状はのぼせ、手のひらに多くの汗がでる、鼻水が出る、
                                     舌は白苔がある、大小便に異常はない、足の裏が冷える。
                                     投薬する。

                                     3日目に治ったと、電話がありました。
      

ページのトップ

 

                             ○目の充血

                                 1. 33歳 女性 目の充血

                                     右目が真っ赤になり、痛みが少しあると、
                                     症状は口の渇き少し、食欲は旺盛、大便は便秘ぎみ、小便は4〜5回、少しのぼせ
                                     がある。首の凝りあり、時々胃痛あり、
                                     投薬する。

                                     3日目にて自覚症状はすべて除かれる。治る。

ページのトップ

 

                             ○目が疲れる

                                 1.56歳 女性

                                     中肉、長身、顔付は水ぽく色白であります。
                                     子供の時から、本を読む、裁縫をする、など少しのことで目が疲れ、しょぼしょぼとなっ
                                     てしまうと、来局する。
                                     子供の時の話から、朝礼では必ず倒れていた。体を動かす、例えば、体育の時間は
                                     ほとんど、行動をとらなくて休んでいた、少しでも運動らしいことをして動くとすぐに疲れ
                                     て、つけがまわってくると、言う。
                                     運動をしなくてはいけないと思ってテレビでの体操をまねると、すぐに体が疲れて、気
                                     分が悪くなり、むかむかとすして、頭痛が起きたりするので、すぐに止めてしまう。
                                     食欲は普通、水分は欲しくはないし取らない、小便は遠い、大便は1日に1回。
                                     本を読むことが好きで時々その時に”ぐらーっ”とする時が月に3回ほどある。
                                     産後から手掌に湿疹が出来いまだに治ってはいない、主婦湿疹の仲間であろうと。
                                     投薬する。

                                     すばらしく、効きましたといって、来店する。
      

ページのトップ

 

治療の効果に戻る


copyright (C) 2005 島田漢方薬局 All rights reserved.