島田漢方薬局

精神神経疾患の治験例

 

                                    
                服用されても、効いているのか、わからないことを感じるかもしれませんが、必ずよくなりますので、あきらめないで下さい。

                                                  ”継続は力なり”

 

                        ※うつ病の症状を記載しました    

                        ※リラクセーションの方法 



                          ”かえだ”と”こころ”は密接な関係にあります。病気も”こころ”の乱れにより多くの症状が発生いたします。
                           この悪循環を断ち切るために、リラクセーションのテクニックを身に着けましょう。(免疫低下の予防になります。) 

 

                         自律神経失調のぼせ不眠頭痛、腹痛、動悸、下痢、便秘、のどの痛み痞え塞がり
                         不安神経症、強迫神経症、神経衰弱、 拒食症 、怒り興奮
                         発作性心悸亢進症泣き悲しむ、恐怖症(人の顔が見られない 、対人赤面症 )
                          ヒステリー(失神痙攣、立てない、歩けない、声が出ない、目が見えない、耳が聞こえない)

治療の効果に戻る

                      ○神経症

                           1. 43歳 女性 不安神経症

                               2週間前から、周り人の言っている事が、気になるようになってきた。
                               自分が何かにつけて、気がかりで安心のできない、いらだちあせる
                               ことが多くなってきた。すぐに顔がのぼせる、赤ら顔になる、睡眠は
                               不十分、便秘が続くようになった、食欲はあり、小便は少なめ、
                               投薬する。

                               都合、60日分にて廃薬する。
     

 

                           2. 45歳 女性 不安神経症

                               家族6人で生活をしている、夫の両親とくにおじいさんと、おりがわるく、本人は
                               ストレスをかかえている。うまくやろうとして努力はしているが、
                               そのために、子供たちからは、私たちをかばってくれない、おじいさんたちに味方
                               すると言われている。
                               人と話をするのもいやで、会いたくなく、またなにもするきもおきない、部屋から出
                               たくなく、おじいさんの顔をみるのも嫌だと言う。おばあさんが連れて来店。
                               症状は頭の中がいつもイライラ、おぼせ、頭痛、動悸がときどきあり、食欲は不振
                               寝汗あり、不安、心配、便秘、不眠などを訴える。うつ病みたいである。
                               投薬する

                               都合、98日分 治る。
     

ページのトップ

                     ○拒食症(食を求めない)

                           1. 45歳 女性

                              7日前からだんだんと食欲が減退してきた、そして最近はほとんど、食を求めなく
                              なり、間食もなくなり、口も渇かない、体調がよくないと言って着ました。
                              何か原因になることはないかと、聞くが本人から回答がない。
                              その他は異常はない。
                              投薬する。

                              普通に食べることができて、食欲が出てきたと。
      

ページのトップ

                     自律神経失調症

                           1. 35歳 女性

                              2人目の子供を出産後、6ヶ月後より、のぼせ、目がまわったり、心臓がドキドキ
                              したりで、体の調子が悪くて仕方がない。何とかなりませんかと来店する。
                              症状は何か変わったショックをうけるとすぐに、心臓が動悸して脈が早くなる。
                              また、何かのショックでのぼせたり、カッーと熱くかんじる。
                              ときどき、お腹がはったようになり、少し痛む。
                              ときどき、頭がしびれたようになり、痛む。
                              神経が過敏で喜怒哀楽に感受性が強く興奮しやすい。テレビ、ラジオの音で反応。
                              何かのショックがあると心臓がドキドキとして、便所に行きたくなり、また食べ物が
                              のどを通りにくくなる。
                              なかなか、眠りにつけない。やる気がなくて困っている。精神的に私が弱いために
                              家族に迷惑をかけていると。
                              何かよい漢方薬はありませんかと。
                              投薬する。
                              都合、70日ぐらい服用する。すべて症状は良くなる。
                              これからまだ心配ですのでと、続けて服用している。

      

 

                           2. 43歳 男性

                              174cm、68kg、この方は神経質です。
                              電話あり、目の奥がなんとなくおかしい、しかめる、まぶしい、痛みはないがと。
                              言ってきた。1週間前に法事などあり、仕事も忙しく、ストレスが引き金になって
                              いる。
                              その他の症状は午前中に微熱37.3°がでる、たまにさむけもあり、のぼせあり、
                              この状態になると小便が出が悪くなる、むくみも幾らか出る、鼻水、クシャミあり、
                              むかつきも少しあり、心下の痛みはないなど、動悸は時々おこる軽い。
                              投薬する。

                              完治する

      

ページのトップ

                     ○神経性心悸亢進症

                           1. 50歳 女性

                              血圧が高く動悸がして2ヶ月間は寝たり起きたりですと。夫から電話があり。
                              本人と電話で話をする。
                              何か不安で仕方がなく、今どうかなりわしないかと思うと急にドキドキが始ま
                              ってきて、苦しんでいる。
                              月経は閉経している、便秘している(下剤を使う)、夜は眠れない、年中夢を
                              見ている、いやな夢である。ちょっとした物音、電話のベル、などに急に不安
                              になってドキドキが始まると言う。
                              薬 投薬する、と同時に、あなたの最も信頼できる人に1週間ばかり
                              着てもらって安心できるようにすすめた。

                              調子は良くなってきた。治る。

      

ページのトップ

                     ○頭痛、偏頭痛

                           1. 28歳 女性

                              痩せ気味、顔色は青白い、若い時から毎日頭痛あり、ほとんど1日中続き、
                              激しい時は嘔吐を起こす。
                              外出した後は頭痛はすごく激しくなる。精神的にいつもイライラして体の置き場も
                              ないほどであると。
                              2年ほど前から胃の調子が悪く、痛みが4日に1回ぐらい起きるようになつた。
                              みぞおちのもたれ感があり、胸焼けがして背中が重く張ったようになる。
                              食欲なし、口の中がかわいている、くび背中の凝りがある。
                              大便は3日に1回である。小便は1日に14回ぐらいあり。
                              薬 投薬する。

                              だいぶ頭痛が減ってきた。
                              治る。
     

      

ページのトップ

                     ○対人赤面症

                           1. 15歳 男の子

                              母親から電話あり。
                              一年前から、顔を赤く染めることが多く、のぼせたように赤く、人前にでると
                              不安、緊張のためか赤ら顔になる。
                              この子はもともと神経が過敏で、不安感、恐怖感を持つタイプであると。
                              ペニスをよく触っていると。
                              投薬する。

                              ほとんど完治する。
     

ページのトップ


                     ○のどの痛み、痞え塞がり

                           1. 45歳 女性

                              痩せで細め150cm。貧血気味。神経質である。
                              咽の痛みを訴えて来局する。
                              年間を通して咽が痛く、目もかゆみあり、鼻も乾いている。
                              咽の乾燥感もあり、いつもお茶で咽を潤している。
                              食欲減退、大便は出にくい、小便は6回ぐらい、汗かきではない。
                              胃腸の調子も悪く、胃の痞え感、重いなどとすっきりしないと。
                              投薬する。
                              咽の痛み取れる。胃腸の調子もよくなってきた。
                              治る。

 

                           2. 49歳 女性

                              中肉、長身、顔色は困り果てたようす。
                              咽が塞がったように、水を飲み込むときも咽をうまく通過できないと。
                              咽の痛みはない。だんだんと食欲がなくなってきた。
                              この3日間は食欲が欲しないため食事をしてなく、なんとか果物、間食している。
                              大便は出ていない、小便は少し回数が多くなったかなと。

                              薬 投薬する。

                              咽の塞がりが取れて、食欲が出てきた。
      

 

ページのトップ

                     ○臍の動悸で胸につく(発作性心悸亢進症)

                           1. 47歳 女性

                              激しい動悸がくるので、何とか治りませんかと。来局する。
                              顔色は少し赤い、見るからに何かに不安そうである。
                              発作の状態は臍の辺から、なにかが突き上げてくるような異常感となんとなく
                              むかついた感じで、急に動悸が起こり、胸が苦しくなり、不安に陥る。
                              急に目の前が暗くなり、心臓が止まるのではないかと恐怖デドキドキしていると。
                              いつも、軽い動悸はちょっとした事ですぐおきると。
                              投薬する。
                              都合、11週間ぐらいで廃薬した。

ページのトップ

                     ○のぼせ冷え(怒り興奮)

                           1. 36歳 女性

                              月経の10日前ぐらいから、イライラして、気が荒くなり、家族の人たちに怒ったり
                              物を投げたりする。
                              顔色は赤ら顔、のぼせあり、足の冷えを訴える。下腹ははりぎみ。便秘で3日に1回
                              、小便は水分を好むせいか、多い。
                              薬 投薬する。

                              イライラ、怒り、物を投げるようなことはなくなつた。
                              都合、3ヶ月ぐらいで、廃薬する。


ページのトップ

                     ○不眠

                           1. 25歳 女性

                              痩せ型で見るからにギスギス、貧血気味で、青白く、寒そうな顔付です。
                              精神的にイライラ、不安、落ち着きがないなど。
                              食欲はない。この3ヶ月ぐらい不眠で悩んでいる。手足はいつも冷たい。
                              頭は重い。肩こりがひどい。大便は便秘ぎみ。小便は近く、ときどきみぞおちが痛む。
                              投薬する。

                              7日分にて手足が温まってきた。眠れるようになりましたと。
                              1年ぐらい服用しているが、今では体重が増えて、顔色も血色よく、疲れにくくなつて
                              きた。便秘も解消。今も服用中で常備薬としていきますと。


ページのトップ

 

                     ○泣き悲しむ

                           1. 24歳 女性

                              3年前から気分が落ち着かず、理由もなく時々むやみに悲しくて泣いていると。
                              痩せ型、中背である。見るからに神経質ぽい。
                              症状としては、何事をするにも気がない、興奮したり、悲しんだりする。
                              時々右の脇腹が痛み、そのところはしこりがある。のぼせ、イライラ、不眠。

                              薬 投薬する。
                              都合、3ヶ月ぐらいで廃薬する。

ページのトップ

 

                     ○人の顔が見られない

                           1. 36歳 女性

                              1年前から、人と目を合わせれなくて、困っていると。来局する。
                              中肉、中背で顔色も少し赤いかな、食欲はあまりないと。
                              症状はだだ気持ちが落ち着かず驚きやすく、すぐに恐怖心が出てドキドキ
                              としてくる。胸苦しく、朝起きるときに体がだるく重い、のぼせあり、便秘気味
                              である。血圧は少し高め。
                              投薬する。

                              調子がいいと。
                              都合、98日分ぐらいで廃薬する。

 

ページのトップ

                     ○ヒステリー

                           1. 59歳 女性

                              来局して言う。声がでない、目がかすんで見えない。また最近歩けなくなって
                              きたと。本人が言う。
                              症状を聞くと、心配ごと、不安、驚きなどあると、みぞおちのやや右、肋骨の下に、
                              下から突き上げが起こり、そこが圧迫がおこり、苦しくなる。この状態が主訴
                              である。13年前から、このような状態が常におきると。
                              痩せ型、中背。食欲はあったりなかったり、寒がりである、脇腹がゴボゴボという、
                              臍の上、みぞおちにドキドキと脈打っている。など、その他いろいろな症状が出ている。
                              投薬する

                              調子がよさそう。声は出るようになり、目もはっきりと。

                              3ヶ月服用して、7割ぐらい良くなる。
                              これからも、飲み続けると言う。 治る。

ページのトッップ

                      

                      

  

 

治療の効果に戻る


copyright (C) 2005 島田漢方薬局 All rights reserved.